横浜

興味があって訪問した横浜の出会い

「ほしぎり」は猫が顔を洗うように感じます。
「解けた」ときは、他の猫が額をなめているか、飼い主にstrokeでられているように感じます。横浜の出会い
ニュアンスがいくつかの単語で変わることも興味深いです。
「わらび餅」

とてはなかわらわらWarを訪問
*吉野山小花が咲く日から
(西行き)

わらび餅
早春
蒸し米澱粉と他の成分から作られた餅。黄色のほこりを振りかけます。飾り気のないシンプルな菓子。

高い日に人を温める
(森純男)横浜の出会い

 

横浜でアツい出会いが体験できる!19の方法をご紹介


雨う
(杉田久agi)
原awaを絞るギナシのan
(上田五石)
お腹がすく横浜の出会い
(長谷川Re子)
や昨日
(中溝弥子)
の山岳mountain
(稲葉美恵子)
山風に沿わないkit横浜の出会い
(芝)
白い加賀の女性
(伊藤泰隆)
鹿が片原に来るわらび餅
(日野グラスキャッスル)

ネコ春隣
(久保田万太郎)
これは起こりえない。かわいい猫の俳句。
どういうわけか、「わらび餅」横浜の出会い
とてもかわいいので、起こらない。

わらび餅と葛は奈良の名物です。また、山梨のキキョウヤ信玄餅。
濃い緑茶を入れて食べたいです。

俳句を作るとき、わらび餅の必要性と地域性を強調しますか、それとも食べる人の感情を重視しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です